即日融資カードローンおすすめランキング!当日中にお金を借りるならココ!

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

プロミスCM
すぐにお金が必要な方!今日中にお金がいる方はやっぱりこのプロミスをおすすめします!

プロミスは平日14時までにWEB契約が完了すれば当日の融資も可能です!審査は24時間OK!

PC・携帯・スマホからのWeb申込でスピーディーな審査!契約OKならばそのまますぐにキャッシング・振込OK!
※もちろん残念ながら審査結果によっては契約できないこともあります。

また平日14時過ぎても、PC・携帯・スマホのWeb申込をして審査完了後、最寄りの自動契約機へいけばキャッシングがOK!

プロミスの自動契約機は全国にたくさんあるので大丈夫。もちろん土日祝日であっても、Web申込をて審査完了後、最寄りの自動契約機へいけばキャッシングが出来ますよ!三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスですので安心して利用できます。

また学生・パート・アルバイトの方でも審査の上、利用OK。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録すれば30日無利息サービス!なんと銀行の引き出し手数料よりも安く利用できます!

プロミスでは女性が申込しやすいレディースキャッシングも実施中!女性ならではのお金の悩みにも親身になって相談を受けてくれます!即日審査・即日融資のキャッシングサービスを申し込むならまずはこのプロミスですね!

プロミスでは女性が申込しやすいレディースキャッシングも実施中!

融資可能額 1〜500万円
即日融資度 評価5
実質年率 4.5%〜17.8%※サイト更新時
三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム
三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムの特徴

アコム

アコムの即日融資期限の時間は14:00までとなっています。その前に申込・審査を完了させなければいけませんので即日融資希望の場合はなるべく早く申し込んで下さいね。

融資時間はなんと最短1時間!初めての消費者金融でどこがいいか迷う!という方はこのアコムのキャッシングがベスト選択です!

今アコムでは金利0サービスを開始・実施しています!なのですぐに返す方は無利息で借り入れ出来ます!これならば銀行ATMの手数料よりもお得に借りる事が出来ますね!もちろん24時間、ネットでの申し込みOK。さらに契約をネットで完了すると来店も不要で便利!指定口座に即日振込も可能!
※もちろん審査結果によっては残念ながら契約不可の場合もあり※

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムは楽天銀行口座を持っている方はなんと24時間いつでも振込OK!ネットで申し込みしてむじんくんで契約完了すればその場で融資を受け取る事が出来ます。パート・アルバイトの方ももちろん申込出来ます!

いまCMでも話題のアコムなら安心してキャッシング出来ますね!初めてのキャッシングならココがおすすめですね!

融資可能額 1〜800万円
即日融資度 評価5
実質年率 3.0〜18.0%※サイト更新時
アイフル
アイフルの特徴

アイフル

アイフルは24時間、ネットで申し込みが完了。審査結果の受け取りはメールか電話を選べます!契約OKならば指定口座に最短で即日振込も可能ですのでとても便利なキャッシングといえますね!もちろん来店不要のお手軽申込方法!
※もちろん審査結果によっては残念ながら契約不可の場合もあり※

またアイフルは契約するとキャッシングカードが届きますが、その場合、届く時間指定&本人受け取り限定配送してくれますので他の人にばれる心配がありません。これならば家族に知られずに、夫や妻に知られずにキャッシングが出来ますね!ただしコレはネット申込限定のサービスですので必ずネットから申し込みして下さいね!

最短30分で審査完了しますので待ち時間無し!出来るだけ早く借りたい!という方はこのアイフルをオススメします!主婦の方でも満20歳以上で定期的報酬と返済能力があり、アイフルの基準を満たす方ならば申込OKです!

融資可能額 1,000円〜500万円
即日融資度 評価5
実質年率 4.5〜18.0%※サイト更新時
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン金利が安いことでも有名なカードローンです!担保・保証人不要でもちろん年会費などもありません。銀行カードローンのおすすめとしてぜひ欲しいカードローンですね!

最大ご利用限度額はなんと10万円〜1,000万円!使用用途も原則自由。審査は最短即日・融資は最短即日借り入れ可能となっていますのでいざという時にとっても頼りになるカードローンです!
※もちろん契約審査に通らない場合もありますのでそのときはあきらめましょう。

無職の方はダメですが、主婦の場合はパートやアルバイトなどをしているか、配偶者に収入がある場合には申込出来ます!この場合はご利用限度額が30万円となりますがそれでもとっても助かりますね!

みずほ銀行カードローンはお金にいざ困ったときに頼りになる1枚なのは間違いないですね!

融資可能額 10万円〜1,000万円
即日融資度 評価5
実質年率 エグゼクティブプラン 3.5%〜7.0%
コンフォートプラン 4.0%〜14.0%
三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローン


三井住友銀行カードローンは金利が安くて安心な銀行カードローンです。しかも銀行カードローンなのに審査は最短30分。最短即日融資も可能です。

使いやすいのは審査のスピードだけではありません。三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みできるので、どなたでもご利用いただけます。もちろん、お申し込み極度額が300万円以下の場合、収入証明書は不要です。金利も年4.0%〜14.5%(変動金利)なので使い勝手はバツグンですね!

お借り入れの際は各種ATMのほか、インターネットでも可能ですので一目を気にする必要がありません。もちろん、ご返済のときもATM入金、振り込み入金、口座振替とお客様の好みに合わせてあ選びいただけます!金利も安く、審査も早い、口座の指定もなくて、各種コンビニATMでも借り入れ可能な三井住友銀行カードローンは、困ったときに頼りになる1枚ですね!

融資可能額 最高800万円
即日融資度 評価5
実質年率 4.0%〜14.5%

即日融資カードローンのキャッシングを利用するなら!

 

即日融資カードローンのキャッシングを利用する際に、無利息でしかも即日キャッシングも可能であったら、嬉しい人は多いはずです。そのようなサービスをしてくれる所は幾つかありますが、ここではその中からテレビCMでも御馴染みの、プロミスを御紹介したいと思います。

 

プロミスは通常金利も業界では最も安いレベルで、最短で1時間融資も可能となっています。また初回利用時でしたら、Eメールアドレス登録とWEB明細利用の登録をすれば、30日間無利息サービスを受けることも出来ます。借入限度額50万円まででしたら、免許証のみで借りることも可能です。また平日14時以降や土日祝日でも、即日融資を受けることが出来ます。

 

また銀行振込による融資ですと、三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があれば、瞬フリというサービスで、24時間土日祝日でも最短10秒程で、お金を振り込んでもらうことも出来ます。但し元日終日と三井住友銀行は毎週日曜21時〜翌日月曜7時、ジャパンネット銀行は毎週月曜0時〜7時は、サービスを停止していますので御注意ください。公式HPの申込フォームから申込んだ後、審査を通過して契約が完了しますと、会員サービスが利用出来るようになりますので、ログインをして振込手続を行えば、すぐ利用出来るようになります。

 

プロミスでは初回利用時に関しては、いずれの銀行への振込も14時までのWEB契約完了が、即日融資の条件となります。またプロミスは三井住友フィナンシャルグループのAMBCコンシューマーファイナンスブランドであるため、三井住友銀行のローン契約機からの契約も行うことが出来ます。この契約機はプロミスの自動契約機と合わせますと全国に約2500台あり、平日夕方以降や土日祝日の利用も可能です。自動契約機での契約では、すぐにカードを発行してもらうことも出来ますので、より迅速にお金を引き出すことも可能になります。

 

また自動契約機で全ての手続を行っても構いませんが、WEWB上で申込や審査までを済ませ必要書類を揃えてから、契約機のある店舗へ行って、契約手続とカード発行の手続を行っても構いません。ちなみに今年4月15日時点で、プロミスの自動契約機は約1130台あり、一部店舗を除き土日祝日も営業しています。9時〜22時まで利用することが出来ます。また三井住友銀行のローン契約機は無人契約機が約1370台あり、原則として9時〜21時まで受付、土日祝日OKとなっていますが、契約機によって異なりますので、事前に確認してから行くようにしましょう。

 

プロミスでは、その他にもサービスの利用に応じてポイントが貯められたり、おまとめや借り換えローンのサービス、女性専用のレディースキャッシングのサービスも利用出来ますので、無利息や即日融資が可能なだけでなく、多彩なサービスを利用することが出来ます。様々なニーズを持った利用者の声に応えてくれるプロミスへの、お申込みを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

なるべく金利の安いところを利用するなら!

 

即日融資カードローンにてキャッシングを利用するなら、なるべく金利の安いところを利用したいものです。そこでここでは大手の消費者金融で金利の安い会社と、銀行のカードローンと、金利の目安も含めた主なサービスについて、お話していきたいと思います。消費者金融では、アコム・プロミス・アイフル、銀行のカードローンでは、三井住友銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行の各カードローンを御紹介します。

 

まずアコムについてですが、当社では借入限度額が1万円〜800万円までで、金利は3.0%〜18.0%となっています。平日14時までに手続を済ませれば即日融資も可能です。初回利用時に限り、条件付で30日間の無利息サービスを受けることも出来ます。楽天銀行に口座があれば、終日振込が可能となっています。次にプロミスについてですが、当社では1万円〜500万円までで、金利は4.5%〜17.8%となっています。14時までのWEB契約完了にて即日融資OKとなります。PC・スマホ・ケータイで24時間WEB申込です。メルアド登録とWWEB明細利用なら、初回利用時に30日間無利息サービスを受けることが出来ます。レディースキャッシングサービスも行っています。

 

次にアイフルについてですが、借入限度額が1000円〜500万円までで、金利は4.5%〜18%となっています。24時間WEB申込OKで、査定結果をメールか電話か、好きな方で選ぶことが出来ます。また他社も含めた借入総額が100万以下であれば、審査最短30分で即日融資も可能です。但し、平日14時までに契約した場合のみですので御注意ください。カードも後日時間指定、本人受取限定で送られてきますので、家族に知られる心配がありません。

 

次にみずほ銀行カードローンについてですが、当行は借入限度額が10万円〜1000万円までで、金利は4.0%〜14.0%となっています。審査は最短即日で終了しますので即日融資も可能です。兼業主婦や配偶者に安定した収入のある人なら、専業主婦でも30万円まで借りることが可能です。その際には、収入証明書や配偶者の同意書は要りません。当行に口座がありますと、何かとお得です。次は三菱東京UFJ銀行についてですが、当行は1万円〜500万円までで、金利は4.6%〜14.6%となっています。WEB申込でしたら、審査は最短30分で済み即日融資も可能です。また返済は提携コンビニのATMを利用しますと手数料がかかりません。運転免許証をお持ちの人は、当行の支店にあるテレビ窓口で手続をすれば、即カードを発行してもらうことが出来ます。なお当行の口座がなくても、同じようにサービスが受けられます。

 

最後は三井住友銀行カードローンについてですが、当行は借入限度額が1万円〜800万円までで、金利は4.0%〜14.5%となっています。審査は最短でしたら30分で済み即日融資も可能です。当行の口座開設は不要で、300万円までは収入証明なしでも融資を受けることが出来ます。借り換えやおまとめ等のローンサービスも利用出来ますが、専業主婦の人は利用出来ませんので御了承ください。

 

即日融資カードローンって保証人が必要なの!?

 

通常、家を買ったり事業資金を借りたりするとき等、大口の融資を受けるときには、保証人或いは連帯保証人がいないと融資は認められません。保証人や連帯保証人は、債務者の返済が困難になったとき、代わりに返済の義務を負うことになっており、保証人には返済を請求されても「債務者に請求して欲しい」と言う権利がありますが、一方連帯保証人ですと、それが言えないという違いがあります。しかし消費者金融や銀行のキャッシング・カードローン等の利用の際には、個人向けの小口融資を利用することが多いので、保証人が必要になることはまずありません。

 

ですから例えば大手の主な所ではアコムとアイフルでは連帯保証人不要、プロミス・モビットは保証人不要等となっており、消費者金融では主に消費者金融自体がリスクをとるので、保証人が不要ということになっているのです。また銀行のカードローンですと三菱東京UFJ銀行がアコム株式会社、三井住友銀行カードローンではSMBCコンシューマーファイナンス株式会社、みずほ銀行では株式会社オリエントコーポレーションが、いずれも保証会社として保証の任務を遂行するため、オリックス銀行カードローンは、オリックスクレジット株式会社か、新生フィナンシャル株式会社の保証を受けられることが契約条件であるため、保証人が不要ということになっています。

 

このようにキャッシング業界では、グループ会社である消費者金融や、信販会社が審査業務や保証業務を行うことによって、保証人を不要としていることが多くなっています。通常特に銀行からの借入や住宅や車等の、大金を必要とす目的ローンや、事業者や法人向けのローンでは、確実に保証人や連帯保証人を必要としますが、キャッシングやカードローンはあくまでも申込者の信用において利用する商品であり、貸出額が比較して小さい分だけ、会社側の貸し倒れの金額が大きくなることはなく、リスクが少ないので、保証人が必要ないということになるのです。

 

しかしキャッシングやカードローンからの借入でも、金額の多寡に係わらず借金には違いありませんから、きちんと返せない場合は、必ず会社から直接申込者あてに、督則状がくることになります。保証人も連帯保証人もいませんから、まず自分1人で問題に向かい合わなくてはなりません。自分1人の力ではどうにもならないとわかった時点で、初めて司法書士や弁護士に相談することになりますが、その際にも自分1人で決断する必要があります。

 

それだけに消費者金融や銀行は、万が一のことがないよう厳しい審査を行い、もし万が一のことがあっても確実に返済してもらえるかどうかまで調査した上で、初めて審査を通過させてくれるのです。基本的には申込者の収入が安定していて、多額の借入残高や他社からの返済の滞り、過去の金融事故等がなければ、審査はクリアできると言われていますが、それはあくまでも過去の履歴から判断してのことに過ぎません。それでも会社や銀行はお金を貸してくれるわけですから、借りた側の申込者にも、その信頼に応える気構えが必要です。保証人がいないからと言って、決して責任が軽くなるわけではないことを、肝に銘じて頂きたいと思います。